7月12日 水曜日

ブログをはじめたら1番はじめに書こうと決めていた、ミニシアター系映画にまつわる記事を書きあげる。

1週間に1回の更新を目標にしていたので、本当は日曜日に公開したかったけれど、フォルツァ総曲輪への思い入れが強すぎるあまり、つい筆に熱がこもる。計3244文字。「たくさんの人にとって読みやすいように」とは何だったのか。

 

7月13日 木曜日

不二越会長の発言が各SNSで炎上している。田舎と都会の対立構造というのは、良くも悪くもこうも多くの人の感情をかき乱すものなのか、という感想を持つも、自分だってつい昨日それに近い題材で記事を書いていたのだから人のことは言えない。

人のことは言えないついでに、便乗して記事を宣伝していたら、うれしいことにフォルツァ総曲輪のTwitterアカウントの「中の方」にコメントをいただく。

それと、昔からの友達も記事を読み、「自分も何かやりたくなった」と言ってくれた。とてもうれしい。そして、その友達との話の流れで、私も今年絶対にやりたいと思っていたことをひとつ思い出す。調べたら、まだ応募期間中だったので、あわてて駆け込み応募した。応募多数の場合抽選だそうなので、受かるといいな。受かったら、ぜひまた記事に書こう。

 

7月14日 金曜日

しみじみと、あー、書いてよかったな、と思う。やはり自分の好きなことは臆せずどんどん発信していくべきだ、とも。好きなことをつくっている人たちにも声が届くことで応援にもなるし、今のところメリットしかない。

 

7月15日 土曜日

前々から行きたかった、朝日町の草の子へ蕎麦を食べに。道中朝日インターで降り忘れ、意図せずして新潟県親不知への往復30kmのドライブが発生するというアクシデントに見舞われるも、無事到着して天ざるそばにありつく。

遠出した甲斐あり、美味。メニューに載っていた地酒のラインアップに、思わず一献…と言いたくなるのをぐっとこらえて完食。

 

その後、朝日・入善町近辺と言えばこちらへ…ということで、下山芸術の森 発電所美術館へ。…が、展示変えの時期のため休館しており、館内へ入れず。休館日はちゃんと調べようね…と反省しつつ、周辺を散歩して美術館外観を撮る。

発電所美術館は、その名の通り、使われなくなった水力発電所を改装して、アートスペースとして主に現代美術を展示している美術館だ。廃墟マニアにとっては、外観だけでも垂涎ものの場所だとは思う。

でも、ここの魅力は何よりも館内の発電機器などの発電所の遺構と、それをそのままインスタレーションとして生かして作品が展示されているという、ある種異様な光景にあると思うのだけれど…。まあ、(若干家から遠いのを除けば)ここは何度来ても楽しいので、展示がはじまったらまた来よう。

 

梅雨の合間といった具合の天気でとても暑く、炎天下の中歩き回っただけでもう体力が尽きかけてしまったので、カギタエに寄ってタルトとアイスコーヒーで休憩したのち、今日は帰宅。

 

7月16日 日曜日

通り雨の多い、天気の安定しない1日だったけれど、気温だけはしっかりと「夏ですぜ」といった感じに暑いこと、暑いこと。それじゃいっそ夏を満喫してやろうじゃないの、ということで晩ごはんに夏恒例のメニュー、夏野菜のラタトゥイユを今年はじめてつくる。手前味噌ながら美味。たっぷりつくったので、残りは冷やして食べるのもいいかもしれない。

夏という季節は、手放しで好きだ! というほどではないけれど、「夏にやりたいこと」はたくさんある。仕事のことで頭がいっぱいになっているうちに、うっかり夏が終わっていた、ということになりがちだけれど、今年こそは取りこぼさないようにひとつひとつやっていきたい。…と、思いを新たにする。